So-net無料ブログ作成
検索選択

『変』なおはなし会 [おはなし会]





我が『びいどろや』では、昨年末11月から12月にかけて

町内3つの小学校を巡る、恒例のおはなし会を行ってきました。

まぁ今頃ナンですが、その様子を今回はご報告いたします。

ちなみに今回初めて、ビデオ撮影した動画から静止画を作るという

私にしては画期的な手法で、ご紹介しますー。

.

****************************************

.

びいどろやのおはなし会、今回のテーマは『変』。

変化、変身、変換・・・・・とにかく『変』なものをいっぱい

集めた40分です~。

.

①みんなでおはなし『大きな荷物』

001.JPG

これは、馬が痩せていて荷物が運べないおじさん、草が

伸びてなくて太れない馬、雨が降らなくて伸びられない草・・・

などと連鎖的に話が進むお話。

そこで子供達に手伝ってもらいます。

002.JPG

歌を歌って“風さん″を励ましてあげると・・・・・

.

004.JPG

パネルがパタパタとひっくり返り、おじさんは荷物を運べて

よかったね、となるわけね。

今回はエレキギターを使いました。本当はフォークギターの予定

だったんだけど、少し前にガラスの破片で指をケガしてしまい、

ずっと練習ができずじまい。焦る焦る。

フォークギターは(弦のテンションが高いので)音をきれいに出す

のが難しいのね。そこで直前に見切りをつけ、楽なエレキに逃げた

というわけですが、子供達は珍しいもんを目のあたりにし、びっくり

していました。それで、あんまり歌ってくれなかったね。( ̄▽ ̄;)

子供達と一緒にお話を作り上げる、というのをやってみたくて、

冒頭にこれをやり、みんなのエンジンをかけました。

.

②『がっこうのうた おならうた』より

                                     『いぬくんくん』

005.JPG

詩の朗読、というとやや退屈なイメージがあるかもしれませんが、

この詩はすごいです。子供達の心をわしづかみにします。

後でそれぞれの学校からいただいた子供達の感想文を読むと、

今回一番面白かったものとしてこの詩を挙げる子が多かったくらい。

実は、おかしすぎて、笑わないように最後まで読むのが大変な

くらい。

.

③『マルマルシカク?』

008.JPG

みんなでリラックスしながら頭の体操のお時間。

マルのところに同じ文字を入れてねーというクイズです。

これは簡単、「じゃんけん」ですね。

でも、意外に大人には難しい。子供の頭の柔らかさには

本当にビックリですよ~。

  ち◯と◯

  えん◯◯しゅ

  ◯ロ◯゛ロす

どうですか?ぱっと分かる人はやわらかあたまですね~。

答えは後で♪

ところで、「ぱげ」の後に「ちょ◯゛◯げ」が出たら、

子供達はまず間違いなく「ちょんまげー!」と叫びます。

で、???としばし沈黙。そんなときは、

009.JPG

ヒントをあげます(^^)もう分かりますね。

.

そして、さっきの答えは

  ちりとり    えんかかしゅ    きりぎりす       でした。

.

④絵本『あるのかな』

016.JPG

何とも言えない雰囲気を醸す絵本なもので、子供達の反応は

いろいろ。

「ええぇーっ?!」「気持ち悪っ」「ある!」「ない!」

「なんだおやじギャグじゃん!」などと、真剣に応えてくれます。

正直この熱い反応に驚きました!

.

⑤人形劇『ばけものづかい』

018.JPG

人遣いの荒いご隠居さんのもとを奉公人が去っていき、

020.JPG

その夜、屋敷に化け物が現れます。

ちなみにこの一つ目小僧さんはこんな感じ。

021.jpg  黒子で、手だけを出す人形ね。

人遣いの荒いご隠居さんは、化け物だろうが何だろうが

使える者は使います。

022.JPG

025.JPG

                                     024.JPG

                                  ご隠居さんはちゃんとご飯を食べる仕様

027-1.JPG

翌日には女の人が・・・・・

          これもこんな感じ。   027-2.jpg

028.JPG

「おお、便利な首だなぁ!」

032.JPG

その翌日には・・・・・

034.JPG

部屋の掃除はびゅ~~っ!とひと息。

036.JPG

意外に器用な手で肩たたきもお手の物♪

037.JPG

「毎晩ここに参っている者ですが、あなた様ほど化け物遣いの

荒いお方はございません」

おしまい。

.

**********************************************

おばけネタはたいていハズレがないのですが、今年は

妖怪ウォッチばやりもあって、子供達の受け入れ態勢万全でした!

ところが、現在保育園でおはなし会巡りをしている最中なのですが

こちらではたちまち反応が変わり、怖くてドン引きになる子が続出。

中には先生に抱っこしてもらう子も。

ま、あんまり幼児がおびえるようだと、今後プログラムには細心の

配慮が必要かもね。

.

各小学校の先生方や生涯学習課の方々には大変お世話になりました。

ありがとうございました。

.

***********************************************

.

そんなわけで、明日はまた保育園でのおはなし会です。

それと、世の中のスタンダードを知りたいし、自分の力が

通用するのか試したいなぁということで、

講談社おはなし隊キャラバンの栃木県巡回(3月)に

地域ボランティアとして今回初めて参加します。

今週末と来週、2ヶ所に挑戦です。がんばるぞー。


nice!(3) 

混ぜちゃう気分 [アトリエはこちら]





001.jpg

明けましておめでとうございます。

本年も、まれに更新されますので(++;)

よろしくお願いいたします。

.

ここ最近は刺繍年賀状デザインしてたんですがね、

今年はひつじ年→ウール→やっぱ毛糸だろう、ということで

作風を変えました。

.

年末は何かと大忙しなのに、忙しい忙しいと言いながら

かぎ針編みにいそしんでいては、まるで現実逃避してる人。 

002.jpg

でも焦って作ってるからあまり楽しめてないのが残念なところだねぇ。

ちなみに、

3匹はそれぞれの色に白を合わせて2本取りで編みました。

混ぜたかったのよねぇ、何となく。

先日は、

002.jpg

母にルームシューズを作りました。

これも、

003.jpg

本体と履き口の2色に、緑系のモヘアを合わせて2本取り。

混ぜたかったのね、しつこいけど。

.

ちなみにこのルームシューズは、編み上げてからフェルト底を

かがって縫い付けてあります。

001.jpg

父にも作ってあげようと思ったんだけど、このフェルト底は

女性用の1サイズのみでございました。

.

縫う、編む かわいい&すてきなルームシューズ

縫う、編む かわいい&すてきなルームシューズ

こちらの本を参考に、多少アレンジしてあります。

************************************************

.

001.jpg

あらあらどうしたの?強盗にでもあった?

あ?違う?

包帯?・・・・・ごめんごめん。

見せてごらん。

002.jpg

.

.

003.jpg

見たところ、特に何ともないようだけど?

え?

とんでもないことになってるって?

.

004.jpg

わーーーっっ!!たいへん!!

痛そうだね。すぐ治してあげないと!

.

(と言いながら、ここで年末年始の忙殺スケジュールに揉まれ、

数日間放置。ひどい母さんですね)

.

ぶるやんちゃん、

あなたのお鼻の色がどうしても見つからなくてね、

005.jpg

せめてこれでどうだろう?

.

006.jpg

ううぅ、やっぱり違うといえば違うね・・・

シミュレーションしてみよう。

007.jpg008.jpg

           <現在の顔>                    <新しい顔>

どう?これもアリかな?

・・・・・ということで、

009.jpg

年明けに手術

(『早くこのぶさいくな手術終わらせてニャー!』)

.

.

終わりました。

010.jpg  どうですか?

んん、まあまあなのニャー。



nice!(3) 

おばけ作り [おはなし会]

こりゃまたえらいことご無沙汰しております。

ご無沙汰すぎて、ブログ編集画面へのたどり着き方が分からなくて

困りました(++;)

001.jpg

これはおとといの朝の風景。今年のハツカンセツなんだけど

ちょっと分かりにくいね。すぐ消えてしまったけど、季節は

確実に進んでいるんだね。

.

ところで、我が『びいどろや』の恒例行事、小学校おはなし会が

始まりました。先日1校目が無事終わり、言ってみりゃほぼ奇跡的

でもあったくらいなので(^ロ^;)一同胸をなでおろしました。

再来週には2校を回る予定。

何しろ毎度のことながら準備がギリッギリなもので。

9月に入ってから本格的に準備を始めたのですが、本番数日前まで

製作物に追われ、てんてこまいだったのです。

今日はその様子をちょこっとご紹介。

.

003.jpg

002.jpg001.jpg

004.jpg006.jpg

まぁてんてこまいというにはのどかな雰囲気だけどね。

今年の人形劇はおばけのお話なので、どうも緊迫した感じは

しませんね。

.

008.jpg

これは私がプチプチと格闘してるところ。これが・・・・・

.

011.jpg

こんなのになりました。

大きさは、

009.jpg

あみねこをひねりつぶすのなんてワケないサイズです。

.

010.jpg

ちなみに私自身の手を参考にパターンを引きました。

.

012.jpg 指を必要な形に固定して

014.jpg

こんな感じに♪

013.jpg 中はこう。持ち手があります。

最後に豪快に植毛して、

015.jpg

大入道の手が完成。

016.jpg017.jpg

顔はこんな風に目が動き、

018.jpg

口も動きます~。胴体もあるんだけど残念ながら写真なし。

001.jpg002.jpg

こちらは、子供用のプラスチックコップを、湯呑茶碗に加工中。

シルエットを円錐形っぽい形から筒形にするため、下へいくほど

新聞紙を厚く貼り付けてあります。このあと彩色を施しました。

004.jpg

これは、割りばしと紙粘土で作ったキセルを仕上げてるところ。

鉛筆の芯を削って、銀色の部分にまぶして、

003.jpg

使い込んだ感じを狙ってみました。右側が加工後だけど、

何となく違うの分かるかしら?

.

006.jpg007.jpg

その他、発泡スチロールで「炭」を作ったり、「めくり」を

作ったり、幕や土台や人形の着物や効果音を出す道具や、

とにかくみんなで知恵を絞っていろいろ作りましたよ。

.

そんな苦労の末に迎えたおはなし会の様子についてはまた今度。

.

***************************

.

私ね、もう一つ今関わってることがあるんですよ。

それは、高校の同窓会の実行委員です。来年秋の開催に向け

1年かけて準備するのですが、思い切って実行委員に手を上げて

みました。だってその方がちゃんと同窓会を楽しめると

思ったからね。

最初の集まりのときはすごーーくドキドキしましたよ。なにせ

わたしったらとてもカゲ薄い人だったからさ。

でも不思議なもので、

当時話したこともなかった女子同士でもフツーに仲良く

なれちゃうし、お互いいいおっさんおばさんなのに気持ちが

ふっと高校時代に戻る感じが毎回面白いです。

何より、同じ時代を共有している安心感が、とても心地よい。

もしすれ違ってもお互いに気づきもせず、それぞれの『今』

を生きてきた者同士が、ですよ。

そんなわけで、

月イチの集まりのために、栃木から埼玉まで通っています。

ちなみにあんまり実行委員として役に立ってないのね、ただ

しゃべって帰ってくるだけの人。あっはっはーっ(^▽^;)

ではまた!


nice!(2) 

『9000円』にたたられる [おでかけらららん]





この3連休は、まずまずのお天気でした。

くじらぐもも気持ちよさそうです。

001.jpg

中2の息子は来週の新人戦に向けての練習試合。

サッカー部のメンバーのほとんどが、小学生のころから一緒にボールを蹴ってきた

仲間達なので、びっくりするほど仲がいいのがウリ。

代替わりしたということは、引退までのカウントダウンが始まったということでも

あるのよね。本人たちに自覚があるかどうか疑問だけど。(^^;)

この先、ぜひ充実した時間を過ごしてほしいものです。

.

さて、話は1週間ほどさかのぼりまして、

運動会の代休を利用して、久々に息子と2人で小旅行をしてきました。

夫は仕事なのでおるすばん。

息子ももう大きいので旅行なんてそろそろ最後だし、許してね、ということで。

.

行き先は、息子がずーっと行きたがっていた鎌倉方面でした。

小学校の修学旅行のときの班別行動で、時間がなくてちゃんと観られなかった所へ

行きたいのだそうで。

今回、藤沢駅周辺のホテルに宿をとり、車で向かいました。

栃木から神奈川へは魔の首都高を避けることはできませんが、大丈夫。

都心の最も難易度高い区間を避け、一回り外の環状線で東北道方面から東名道方面まで

今は迂回できるのでね。

それに、助手席にはまあまあ優秀なナビゲーターがおりまする。

.

ホテルに昼頃着いて、車と荷物を預けたら、藤沢駅から江ノ電に乗り鎌倉へ。

息子は母親と歩くのが気恥ずかしいのでしょう。電車に乗るや一言も話さず。

母さんそういう空気、あんまり読まないからねぇ、

小町通りで人力車のお兄さんに声かけられて、息子に『乗ろーよ、乗ろーよー』とおねだり。

息子はえーって顔するし、お兄さんには『普通は子供が親にねだるんですけど、珍しい

パターンです』と驚かれるし。てなわけで人力車観光スタート!

009.jpg

でもね、楽しかったですよ。滅多にできない体験だし、お兄さん面白いし。

それに、労せずしてお寺巡りできたからね♪

で、30分間の乗車を終えて、お代の9000円を払おうとお財布のぞいた瞬間、

あたしゃ凍り付きました。そこにはたったの7000円・・・・・。(@@;)

.

ま、自分で言うのもなんだけどね、こういう時、年の功とでも言いますか、まずは

お兄さんに堂々『わっっ、すいませーん、お金が足りない!』と暴露。( ̄▽ ̄;)

よく考えたら、

ホテル到着時に、全財産の半分が入った財布を入れたまま荷物を預けてしまい、

そのあとで宿泊料金前払いと言われて払い、江ノ電周遊きっぷを買い、小町通でお昼を

食べ、お土産をそれなりに買い、お財布が寂しくなっていたのでした。

スーパーでも時々やるんだけどね。

息子になけなしの2000円を借り、その場をしのいではみたものの、

さてこれから息子の行きたがってた鶴岡八幡宮観光というときに、私の財布は残金14円。

大人のくせにね。お賽銭も満足に払えないなんてねぇ。

息子のお財布には数百円残っていて、おみくじ買ったり、帰り道『鎌倉チュロス』買って

食べたりしてる。

それを横からのぞき込んだり、『ひとくちちょうだい』とか言ってみたり、

こんな母さんですまないね。

.

翌日は、江の島にちょこっと寄ってから、報国寺という所へ行ってみました。

027.jpg

敷地に足を踏み入れた瞬間から、凛とした空気が漂います。

平日ということもあってかとても静か。 

020.jpg

021.jpg

竹林の静寂の中に身を置くと、なぜかとても落ち着きます。若い頃にはあんまり

分からなかった感覚だわ。

.

この後、北鎌倉の円覚寺へ。スマホを車に置き忘れたので写真がありませんが、

いやー、奥行きのあるお寺だこと。でも空いていたのでじっくり観て回れました。

その後、地の物が食べられる回転寿司屋さんで昼食をとり、一路横浜へ。

息子がマリンタワーと山下公園に行きたいというのでね。今回は彼の希望を叶える

旅ですから、地図を見てもらいながらナビも使って母さんがんばりました。

さすがに中学生ともなると地図もしっかり読めるし頼りになるものでね。

ああかな、こうかなと2人で相談しながら旅をする、幸せなひとときでございました。

.

・・・ございました。ええ、そこまではよかったんです、そこまでは。

ほんの1時間程度の横浜散策を終え、山下公園駐車場を出まして、帰りの高速入り口を

探しているうちにうっかり赤信号で左折。

そこへ完璧なタイミングでパトカー登場と相成りました。

2点減点と罰金9000円。

ああぁ~、免許更新直前で、またゴールド免許の夢が絶たれたかぁ、とがっかりしながら

次の瞬間気づきました。

9000円?またぁ?!(><;)


nice!(1) 

機織りブームが止まらない [アトリエはこちら]

001.jpg

ゆうべは町の花火大会があり、友人家族と見物してきました。

息子もさすがに中学生なので、着くなりさっさと露店で賑わう通りへ

友達を探しに消えていきまして、花火が終わるまで戻ってきませんでした。

ああ、そんなもんでしょうなぁ、もう。

こちらはこちらでのんびり話しながら、ビール飲みながら。それもよいね。

こうして夏の恒例行事が1つ、終わりました。

.

さて話は変わり、

マイ機織りブームはまだまだ続いております。

都合のいいことに毛糸ならいっぱいあるし、ちょっとした空き時間にサクサク出来る

のもありがたい。あとね、編み物と違って夏でも汗ばんだ指に糸が引っ掛かる、とか

いうことがないからいいわぁ。

001.jpg

織り幅を保つコツや、手早く進めるコツなども、だんだん分かってきました。

002.jpg

向こう側に棒を挟んであります。

シャトルを縦糸にくねくね通すのですが、右から左へ行くときと、左から右に

行くときとで、縦糸の上下が逆になります。

だから、利き手じゃない側から通す方に棒を渡しといて、ちょいと浮かせて隙間を

作ってやれば、すーっと通せて早いのねー。

003.jpg

反対に、利き手側から通すときは、棒を奥によけておきます。

両方向用に棒を通しておけないのが残念なところだけど、

なんちゃって織り機だからしょうがないね。

007.jpg

“そらぽんのもと”でも織ってみた。

006.jpg

にゃー。これはまさしくそらぽんの生地!!

.

織り上がった糸の始末はいろいろなやり方があるらしいのですが、

008.jpg

いくつか試してみて、こんな風に千鳥がけするのがいいような気がしてきました。

.

009.jpg

はぁー、楽っしーい!!

.

010.jpg

これは綿100%の糸。

011.jpg

これは羊毛100%。あとで洗濯してフェルティングさせてみましょう。

(縮ませることね)

どうなるかしら。

013.jpg

これは・・・・・なんだったかな、アクリルとかいろいろ混じってたかな。

            012.jpg 

                          なんか落ち着くにゃー。

.

ブームはまだまだ続く予感。

時間があればとりあえず手を動かしてみるんだけど、これらをどう活用するかは

考え中。ムフフ♪

.

***********************************

.

今日はこれから、おはなしひろば@しおや開催のため、町図書館に行ってきます。

今回は、おはなしの後、プチ工作をする予定。

001.jpg

紙コップで作るオバケちゃん。

若干系統の違うタイプも含まれているね( ̄▽ ̄;)

作り方はこちらの本を参考にしています。



今回からは、中学生ボランティアさんたちにも入ってもらいます。

雨が強いけど、お客さん来てくれるといいなぁ・・・・・

ではまた。


nice!(4) 

作りませう。 [アトリエはこちら]





ああ、しばらく何も作ってないなぁ。

忙しい、忙しい…と言って、物作りはつい二の次になっちゃうなぁ。

でも時々は時間を確保しないとね。

自分に向き合い、自分のためにだけ過ごす時間って必要だもんね。

それが私の場合例えば何かを作るということなんだった。

さて、何を作ろうか・・・・・。うーん、何がいいかねぇ。

今一つ編み物の気分でも、縫い物の気分でもないんだよね。

いつもは『これを作りたい』が先なんだけど、

『作る』ことが目的な場合、困ってしまうね。

・・・・・あ、そうだ。そうだった。アレがあった!

001.jpg

今日はこれだな♪

これはね、数年前に買ったものの手つかずだった、ミニ織り機です。

以前から織物に…なんというか、素材から作るってことに興味がありましてね、

買ったらそれでつい満足してしまった・・・・・。

よくあることなんだけど。(--;)

強いて言い訳をするならば、セットの糸の色がさ、

002.jpg

どぎつくない?

創作意欲をそぐよね。あははっ、言い訳だけどね。

ま、今回は『作る』ことが目的だからね、色はなんでもいいや。

.

**********************************************************

.

説明書と格闘することしばし。

003.jpg

縦糸を巻いてるところ。

.

004.jpg

シャトル』に横糸を巻き付けて、行ったり来たりしているところ。

手前にボール紙を挟んでいるのは、フリンジ分の糸長を取っておくためです。 

.

005.jpg

どれどれ。

ん?ちょっと間隔がまばらですねぇ。

最初の方は、ぎゅうぎゅう詰めすぎたようですね。説明書のゲージに比べると

目が詰まりすぎちゃったので、途中から急にゆるめたりして。

.

006.jpg

この『くし』で調節するんですよ。だんだんコツがつかめてきました。

.

007.jpg

もうちょっとですね。説明書通りの段数では高さが足りなさすぎるから、多めに

織っちゃいましょう。こういう適当さが許されるところが私向きだね。

.

008.jpg

はい、コースター完成。色どぎついね。目がばらばらだね。(--;)

でも楽しくなってきたよ。もう1こ作ってみよう。

.

009.jpg

今度は、付属の縦糸専用糸を使ってみましょう。

色の替え方も分かったので、もう少し配色を何とかしましょう。

・・・・・ということで、

010.jpg

2枚目も完成。目が揃うようになってきたわ。それとも、縦糸が細くなって

織りやすかったのかしら?

どちらにしろ、『織り上りは1割ほど縮みます』と書いてあるけど

私のは10cmが8cmだから、2割も減っちゃった。(゜_゜)

この辺は糸の太さとか手加減とか、織り上りの好みとか、いろんな要素で

変わって構わないのでしょう。その分を見越して目数を決めればね。

さーて、今日はこのあたりで勘弁してやるか。

.

                                                                                      ・・・・・。

                                                                    012.jpg

                                                            ・・・・・い、いや、楽しゅうございました。


nice!(5) 

おはなしひろばのはじまりはじまり~ [おはなし会]





私の住む町はなかなかディープな農村地帯でして、

私がこちらに住むようになった頃は、東京生まれの母に言われたもんです、

「あんたはよくそういう所で暮らしていけるねぇ」と。(^^;)

でも案外私は順応性が高いタイプなので、車さえあれば、そして今はネットで

何でも買えるわけだし、特別不便だと思ったことはありません。

そして、この春から初夏に向かう季節は素晴らしいもんですよ♪

田んぼに水が入り、景色が映りこんで湖のようになったかと思えば、

田植えが終わって頼りなげにそよいでいた稲が、あっという間にすくすく伸びて、

湖は今や緑一色になり、そのすぐ隣の畑には小麦の穂が黄金色に揺れていたりしてね。

遠くの山も、若葉でこんもり茂っているのがよく分かる。

景色が劇的に変わっていくのですよ。自然の息吹ってすごいねぇ。

.

まぁそんなとこに住んでる私や、おはなし会『びいどろや』の仲間が、

以前から密かに温めていた計画がありました。

それは、この町にたった一つの図書館をもっと人の集まる場所にする、ということ。

なにせ過疎化の進む町ですからね、このままだと若い人がどんどんいなくなっちゃう。

そんなわけで、月1回のおはなし会を図書館で開く運びとなりました。

名称は『おはなしひろば@しおや』

                                                             ・・・・・ははっ、地名出しちゃった。もういいや。

ただ、びいどろやは保育園や小学校での活動もあるので、自分たちだけで全てを

やろうとするのは多分無理だろうと考え、町内の読み聞かせボランティアさんたちに

広く協力を呼びかけることにしました。

そもそも、各小学校単位でのボランティア同士の交流も今までなかったので、

それも兼ねちゃおう、ということで。

賛同してくださった方たちを含めると総勢13名。

今年度のびいどろやは、こうしてさらに仕事が増えました(^ロ^;) 

会議で出たいろいろな意見を整理して具体的なことを1つ1つ取りまとめたら、

次は必要なものの準備に取り掛かりました。

子供たちに配るメンバーズカードや自分たちの名札、ボランティアのスケジュール表、

活動記録ファイル、カードを忘れた子供の一覧表、受付札、スタンプ

ボランティア名簿などなど。

さらにチラシやポスターを作り、町内の保育園や小学校、医療機関、スーパーなど

各施設を回って協力をお願いしました。

それと同時進行で、我々びいどろやが担当する第1回のおはなし会の準備ね。

他のボランティアさんたちにプレッシャーを与えないよう、なるべく簡単な

ものを組んで、全体で30分ほどの内容にしました。

絵本、紙芝居の他、しりとりクイズ、色紙を折ったり切ったりして何の形か当てて

もらうクイズ、といった具合。

こうして、追い立てられるようにして無事5月の第1回を終えました。

.

現在は次のミッションに当たっています。

この企画に、中学生・高校生の学生ボランティアを募って一緒に活動する、というのが

私たちのこだわりなのです。

つまり、図書館を幼児から大人までの様々な世代が集い交流する場にするということ。

そして、学生のボランティアの機会を作り、社会の中で主体的に自分の役割を見つける

体験を、明日を担うたくさんの若い人たちにしてほしいのです。

彼らには受付業務の他、読み聞かせやレクリエーションの企画・運営を担当してもらう

予定でいます。 

今、チラシを作っているところね。今週中には配布して、来月初めには取りまとめて、

研修会を夏休みの間に数回。その後活動スタートという感じになります。

繰り返し言うけど過疎の町だからね、(T_T)

若い人たちがいきいきと自己表現できる環境を作るのが、我々大人の役割かと

しみじみ思うのです。

.

びいどろやの活動についてもついでに書きますが、

その後、家庭教育学級講師という形で、ある保育園にておはなし会を開催。

親子参加で満員御礼、さらに夏日ということでホールむんむんな状況で、

しかもひたすら大声で、汗びっしょりになりました( ̄▽ ̄;)

そして、今月に入り、今度はルーティンの保育園おはなし会巡業。

先週2ヶ所、そして明日3ヶ所目です。

がんばってますよー。

************************************************************** 

.

001.jpg

最近はまっている小噺ごっこ。面白いことを言ったので座布団1枚。


nice!(5) 

あみねこ健康診断 [しまやんち]

うわー、春になってますね。あんまりサボってたので冬眠から覚めた気分。

おはようございます( ̄▽ ̄;)

先月は増税を間近に控え、我が家でオーブンレンジやエアコン買い替え

行われました。そしてお酒の買いだめ。消費の著しい我が家では

見過ごせない分野でございます。一方、調子の悪くなっていたオーディオは、

品薄のため3月中の購入を断念。

私の友人などは「早くレンジと冷蔵庫買わなくちゃ!」と言っていました。

そりゃまた大物狙いだね。無事買い替えられたかしら。

.

で、気づけば4月ですよ。

欲しいけど間に合わなかったもの・・・・・

正確に言えば、増税前の喧騒に嫌気がさしてあきらめたものを、

今月になって、おもむろに買ってみました。

サーモス社の「シャトルシェフ」です。

鍋と保温容器がセットになっていて、アツアツの鍋をセットすれば余熱で

調理が進むというシロモノです。

税でビール1本分くらい損したね・・・・・

.

最初に作った肉じゃがは、レシピより長時間放置してしまったため、

おいもがグズグズになってしまいました。

今回は豚の角煮に挑戦。これなら長すぎて悪いことはないでしょうから、

朝のうちに仕込めば夕食の支度がラクでいいねぇ。

001.jpg

保温調理中。

この調理器は、多めの煮汁でじっくり熱を入れるので、煮汁を煮詰める

ということは、別途行う必要があるのですね。ふむふむ・・・・・

.

002.jpg

容器から出して、煮詰め中。

.

どうかしらね。

003.jpg

んーー、おいしいけど、思っていたより柔らかくない。

途中でもう一度「加熱→保温」を加えたら、思った感じになるのかな?

ちなみに、光熱費が浮く分、時間はかかるね。

最初の下茹で&保温で2時間、煮汁で煮て2時間、もう一度加熱したらさらに2時間?

それでおいしくならなかったらどうかしてる。

ま、今度やってみよう♪

.

******************************************************

.

001.jpg

健康診断の季節がやってきました。

.

003.jpg

柔軟性、良好。

.

004.jpg

寝姿、この上なく良好。

.

ところが、2名ほど検査に引っかかった者が。

007b.jpg

あなたたちです。

.

007.jpg

ほら、よく見て。鼻が擦り切れていますね。これは直ちに治さないと!

.

まずは、それぞれの鼻の色を確かめます。

008.jpg

「ちょっとかあにゃん、犯罪者じゃないのニャー」

009.jpg

これでどうですか?「うん、いいみたいニャ」

.

010.jpg

らぶちゃんは・・・おや?あなたの鼻の色がないよ。

これ、ちょっと違うもんねぇ。

.

011.jpg

「えーー!そんなわけないのニャー!」

.

だって、お母さんさっきから何回も見たけどないよ。変だねえ・・・

.

「じゃあ、どうせならカワイめな鼻にリニューアルしよっかなぁ?」

013.jpg

.

014.jpg

「茶色でいいんじゃない?」

.

015.jpg

「・・・ったく、オンナゴコロがわかってないのニャ」

.

さてさて、色も決まったところでさっそく治しましょう。

大きさと形を元のに合わせないとね。

017.jpg

「かあにゃん、こういう比べ方ってどうなんだろう?」

.

018.jpg

「どうなんだろう??」

あっはっはっ、ふざけてないでやります、はい。

019.jpg

もう少し、もう少し・・・・・

023.jpg

はい、治りましたよ。

しまやん、ちょっと鼻デカくなった?ごめんごめん。


nice!(5) 

編みたい気分 [アトリエはこちら]

2週続けてのドカ雪、さすがに堪えますね。

今回こちらでは割と長い停電もあったりして、どうなることかと思いました。

.

そんな大雪の翌日、わたくしちょっと用事がありましてね。

お世話になった(もう卒業はしたんですが)朗読の学校の、

その日は発表会だったのです。

せっかくだからと先生が私にも声をかけて下さいました。

ただ、前日からの雪かきで身体は痛いし、それどころじゃない状況の気も

するしで、直前まで行くのをためらっていました。

それでも、いろんな人の朗読が聞けるまたとない機会だし、昼前には晴れて

暖かくなってきたしということで、意を決して出かけることにしました。

車にはもしものために長靴を載せてね。

(夫はスコップも必要だと言う。ビビらせないでほしいね。)

.

いやぁ、行ってよかったです。

自分のようなフツーの朗読から、講師やベテランさんたちの芝居がかった

スタイルまでさまざま。聞きごたえがあったし、自分を振り返るいい

きっかけになりました。

というのもね、

終わってから声をかけて下さる方がいて少し話をしたのですが、

その方は私の朗読について『割とあっさり読むのね』とおっしゃいました。

後で聞いたら、その方は視覚障がい者向けの朗読ボランティアをなさっている

ようでした。

けなすつもりでもなく、もちろん褒め言葉でもないから、率直な感想だと

思います。私も自分でうすうす自覚はありましたからね。( ̄▽ ̄;)

ただ、工夫がないと聞こえなくもない。

一応私なりの意図もあったはあったんですけどね、聞き手にそう伝わると

いうことは、私の技量がやはりその程度ということです。

ちなみに私が読んだのはこのお話。

おおきな木

おおきな木

  • 作者: シェル・シルヴァスタイン
  • 出版社/メーカー: 篠崎書林
  • 発売日: 1976/01
  • メディア: 単行本


ここで思うのだけど、

絵本の読み聞かせでは、“演じすぎない”読み方を良しとするのが主流です。

それは何より『絵本』を『子供』に読むからです。

絵本は絵の語る要素が非常に多く、子供たちは絵を見、言葉を聞き、

自分の中で未知の世界への想像を膨らませます。

だからあくまでも読み手は伝え手であり、作者の表現する世界観を損なわない

ことが重要で、つまり行き過ぎた演出は好ましくないと教わります。

それに対し朗読の世界はたいてい大人向けでしょうから、いかに豊かに表現

して読むかに力点が置かれているように思えます。

聞き手としても、演劇を見るように景色が立ち上がってくるような朗読は

とてもワクワクするし、お金を払ってでも聞きたいと思えるほどです。

きっと、読み手も聞き手も大人なら、読み手の感性に託された自由な表現を

聞く側も自分なりに解釈すればいい、ということになるのでしょう。

結局のところ、私の朗読はまだ読み聞かせの様式止まりの未熟なレベルでした。

.

で、結論から言って私には“芝居風”は無理。( ̄▽ ̄;)

そういう読み方はそう簡単にできないだろうし、目指したい気もしません。

ただね、フツーはフツーなりに努力の余地がまだたくさんある、自分は本当に

まだまだだと気づかせてくれたのが、先ほどの方の言葉だったのは確かです。

本当にありがたいことです。                                             

だから参加して本当によかった。

ただ、帰りはまた凍結の始まる気温でヒヤヒヤでしたけどね。

.

今日のタイトルは編み物ネタだったのに、長々とすみませんね(^^;)

いやいや、朗読に興味がなくてもあと少―し聞いてくださいな。

朗読って、きっと俳優が演じることにごく近いと思う。

素人に演技は無理でも、文章を声に出して読むくらいなら、ね。

そして朗読は、他人の人生を生き、自分の人生に向き合うことでも

あるんです。

やってみると案外おもしろい。皆さんもぜひ、いかが?

.

***************************

.

・・・・・ということで、ここからが本題。

冬の装いといえば、どうしてもタートルネックなどで首まで覆ってしまうもの。

だから、その上につける、インパクトあるアクセサリーが欲しいなぁと

1年前くらいからずーっと考えていました。

そのまま春が来て夏が来て・・・気がつくとまた冬になっていました。

長すぎるって。早くしないとやる気がうせるよねぇ。

.

だからね、ある日思い立って作りました。

001.jpg 

ラリエット仕立て。

久しぶりのレース編みは、目が疲れますね。(^▽^;)

お手元用メガネ大活躍。

.

参考にしたのはこれ。

いちばんわかる アイリッシュクロッシェレース (朝日オリジナル)

いちばんわかる アイリッシュクロッシェレース (朝日オリジナル)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/04/16
  • メディア: 大型本


アイリッシュクロッシェレースという編み方があるのですね。

普通のモチーフ編みと比べると、立体的で輪郭がくっきりしてる感じです。

002.jpg

これには使っていませんが、芯糸を編みくるんで重厚な感じにしたり、

重ね付けした花びらや葉っぱ、実など、全体にテンコ盛り感あふれる

モチーフを、繊細なネット編みにあしらうコントラストの妙が

アイリッシュクロッシェの魅力。

.

003.jpg

                                                     ・・・・・なぜだろう、親近感を感じる。

.

1つ作ったら、創作意欲がモリモリ湧いてきました。そこでもう1つ。

004.jpg 

編地は同じ本を参考に、スヌードに仕立てました。

005.jpg 

こちらは綿麻の毛糸、4号針使用。 

.

006.jpg

案外ハデめだよね。

.

ではまた♪ 


nice!(4) 

びいどろやのおはなし会報告 [おはなし会]

今日も薄く雪化粧した山がきれいに見えます。

013.jpg 

このところの最低気温は-5℃前後と、連日冷え込んでおります。

雪はまだ一度もまともに降ってないんだけどね。

そんなもんで、灯油が飛ぶように使われております。

灯油も今やガソリン並みに高くてね・・・そもそも電気より安いから

毎回重たいポリタンクを運ぶ苦労を受け入れてきたのにさ、

なんだよもーー。

                                                                           はぁーー、文句言ってやったぞ。( ̄▽ ̄?)

てなわけで、年をまたいでしまいましたが、

昨年11~12月にかけ町内3つの小学校を回ったおはなし会の

レポートの巻でございます。

今回は『よ~く見ると・・・』というテーマでプログラムを構成。

1・2年/3・4年/5・6年の3回に分けて、2、4、5時間目という

具合に時間をいただいて行いました。内容は全学年共通です。

①みんなで『のはらうた』

001.JPG

まずはみんなで声を出してリラックス、ということで、

詩集『のはらうた』からリズミカルで楽しい1篇をみんなで読みました。

写真中央の1人が1行読んだらみんなで復唱。両端の黒い服の2人が

子供たちをサポートしています。

のはらうた (1)

のはらうた (1)

  • 作者: 工藤 直子
  • 出版社/メーカー: 童話屋
  • 発売日: 1984/05
  • メディア: 単行本

②ポンチョシアター『ふるやのもり』

002.JPG

2つ前の記事でご紹介したポンチョシアターです。

後で子供たちの感想を読んだら、「服で話をして面白かった」という

ものが多くありました。

そうか、子供たちから見るとこれは服なんだね。(^^;)

子供たちはどの学校でも100%食い入るように見てくれました。

おかげでとても緊張して、セリフが飛ばないよう、集中を切らさないよう

最後まで語るのが難しかったほどです。

③消えた?!どらやきのゆくえ

003.JPG

これはモンタージュクイズです。まず最初に寸劇をやり、どらやき窃盗

事件の犯人の似顔絵をみんなで作るというもの。

004.JPG

刑事に扮し、捜査を子供たちに手伝ってもらいます。

びいどろ警察手帳や顔パーツ数十種など、捜査に必要なものを用意。

もちろんおやくそくのちょんまげヅラとか変顔系パーツも豊富に取り揃えて

おいたため、クラスによっては犯人なんかどうでもよくて、変顔作りに夢中に

なっちゃうことも。でもそれもアリです。みんなでワッとエネルギーを発散

してもらうのが狙いなんです。

005.JPG

答え合わせ。子供たちの観察眼には本当に驚かされます。

ちなみににょろキーも「けんばんデカ」として捜査をサポート。

『太陽に吠えろ』テーマソングで盛り上げました。

④大型絵本『きょうりゅうのおおきさ』

006.JPG

今回選んだのは恐竜の大型絵本。こういうのは大型映えしますし、

何より聞き手の年齢を問いません。

子供たちの感想を読むと、恐竜好きは男女問わず結構いるようです。

あらためて先入観なく本を選ぶことの大切さを感じます。

きょうりゅうのおおきさ (おおきなかがく)

きょうりゅうのおおきさ (おおきなかがく)

  • 作者: 榎本 功
  • 出版社/メーカー: ひさかたチャイルド
  • 発売日: 2006/06/01
  • メディア: 大型本


⑤人形劇『かっぱのてがみ』

007.JPG

今回の劇では、ナレーションと効果音を舞台隅で行う演出にしました。

はじまりはじまり~。

008.JPG

漁師ぎへいさんのもとにある日かっぱが現れます。

端っこで抱えているふるいには小豆が入っています。ザザザーッ

009.JPG

びいどろや店長、かっぱに扮し登場。漁師に手紙を託します。

ちなみに後日子供たちの手紙で、多くの子供が店長をかっぱと認識せず

カエルが手紙を持ってきたと思っていたことが判明!!わははっ

010.JPG

手紙を届けに海へ漕ぎ出すぎへいさん。

海の怪物くろべえどん(左側の緑のもさもさした人)にビビる!

011.JPG

ラストシーン。無数のかっぱが現れて、ぎへいさんの船に魚を放り込みます。

写真はありませんが、このあと以前の記事でお見せしたミニかっぱ達と

紙粘土製のお魚たちが出てきてラストを飾ります。

めでたしめでたし。

という感じで、細かいミスやアクシデントはありながらも、無事終える

ことができました。 012.JPG

今回、3番目のモンタージュクイズで盛り上がりすぎて先生の目が怖い

かも(一応授業の一環なわけですからね)・・・と心配しましたが、

結果的にはその発散が功を奏し、どの学年・どの学校でも高い集中力で

子供たちが最後まで見てくれました。

逆に集中と引き換えに私たちが受け止めるべき彼らのエネルギーとは

ここまですごいのかと、本当に驚いたほどです。

来年以降もこれでは、私たち、10年先、もつだろうか。

まぁとりあえずは無事終わってほっとしました。次は来月の保育園での

お楽しみ会です。今回の内容をやや変えて持っていく予定です。

ではまた♪


nice!(8) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。